不倫相手と

閲覧数:465 ビュー 文字数:1943 いいね数:0 0件

40代男性の私は職場の30代後半女性と不倫関係にあります。

正直なところ同じ職場なのでどこかで待ち合わせてバレないように食事をしたりラブホテルに行ったりと言うことがほとんどの生活。

それも月に2度程度うまくスケジュールが合えば良い位だと思います。

それだけにたまに会う時は非常にセックスが盛り上がるのが我々のパターン。

正直なところ人生でこれほどセックスが相性が合う女性は初めてだったので。

そんな彼女と最初に関係を深めたのは屋外の事でした。

映画館でたまたま恋愛映画を観た後にショッピングモールの屋上で休憩をしていると、周りがどうしても盛り上がっているカップルが多く、なんとなく肌が触れ合い、どちらともなく唇を重ねあっていました。

本来であればその場で終わっていればよかったのですが、たまたまビオトープのような場所があり、周囲からはなぜか見えないベンチがあったのです。

私はそれを目指とく見つけて、

「もうちょっと静かなところに移ろうか?」

と彼女を誘って空に人影の少ないベンチに腰掛けました。

彼女ももうその気になっていたのでかなりのディープキスを重ねます。

そして、お互い横に座っていたのがいつの間にやら彼女が私の上になり、私は彼女を抱きしめる形になり、シャツの下から手を差し入れてブラジャーの後ろのホックまで外してしまいました。

彼女もさすがに、

「キスまで、絶対にこれ以上はだめやめて!」

と多少の抵抗を示しましたが、私の情熱にほだされたのかブラジャーのホックを外され、私と彼女が密着しているので仮に周囲が歩いてきても晴れないので乳房をもまれることにも抵抗をなくしていました。

多少寒い時期だったので、彼女と抱き合ったときの温かさ、そして乳房の温かさは今でも忘れることができません。

彼女が私に体を揺られて、大きく股を開いて彼女の股間が私のアソコに当たるだけでも彼女は相当に感じていたようです。

私が乳房を揉むと彼女の腰がなんとなく動き出し、洋服を着ているのですが私のアソコは彼女の腰の動きに合わせて勃起する余りです。

仮に周りが気づいたとしても結構派手にキスをしている位にしか見えなかったと思います。

私も彼女も10分以上、いや15分近くディープキスをしながら私は彼女の乳房をまさぐり、時折顔を彼女のシャツの下に潜らせて乳首をコリコリと愛撫する時間が続きました。

もちろん彼女は、さすがに見えないからといって大きな声が上げられないので必死で声を押し殺し

「あふ、あっ」

と言いながら私に身を委ね、腰を振るばかりです。

さすがにここまでは問題なかったと思うのですが、私自身もうアソコが勃起して爆発しそうになっていたので彼女の左手を私の股間に無理矢理掴ませ、しごかせました。

あの時の彼女の抵抗から従順に変わるときの瞬間は男にとって征服感があったと思います。

彼女自身も相当気持ちが良かったのか、彼女の左手が私の股間をしごき、私の右手はいつの間にやら彼女のパンティーの中に差し入れ、喘ぎ声を押し殺す彼女をあざ笑うが如く、中指をピストンするだけで彼女のアソコはかなり濡れる状態になっていました。

彼女の喘ぎ声よりも彼女のアソコの

「クチャクチャ」

と言う音の方が大きい位でしたから。

もちろんのことながら、さすがにこれ以上の行為は外で行ってあれだけの人数が多い場所でばれると大変なことになるので一旦終了しました。

しかしながらまだまだ飽きたらない私たちは川沿いの均等に並んでいるベンチに座り、周りのカップルと同じようにキスを繰り返しました。

私も人生であれだけ長い間キスをした事はないと思います。

それぐらい彼女の感覚と、私の感覚がマッチしたのだと思います。

実質、彼女と少し深い仲になったあの日、屋外で40分近く密着したことが結果的に非常に良い思い出になっています。

ちなみにその日はどうしたかと言うと、川沿いのベンチでも飽きたらず、さすがにホテルには行きませんでしたがカラオケに行って店員にバレないように横になって挿入行為以外は全てするほどの盛り上がりでした。

もちろん、今でも彼女と会う時はいろいろな制限があるので、外でキスからペッティングぐらいまでは多少誰かにバレても構わないかと割り切って行っています。

周りから見るといい年をしてよくやるよと思われるかもしれませんが2人にとってはそんなことはお構いなし。

それぐらい快楽の時間は重要です。