バーの近くの公園で

閲覧数:497 ビュー 文字数:2081 いいね数:0 0件

20代前半に付き合っていた彼氏と公園でしました。

当時住んでいたのが、千葉県でした。

よく行くバーが入っているビルがあり、少し離れたところに公園がありました。

ビルの下に駐車場があり、飲んだ後に車に戻りました。

元々、私に露出させるのが好きだった彼氏。

ノーパンで外出や、友人らと食事に行くなどをさせて楽しんでいました。

私も若かったこともあり、そのドキドキを楽しんでいました。

その日も、いつものように飲んで、車でちょっと休憩していたのですが、彼氏が裸になって公園まで走ろうとふざけた提案をしてきました。

時間は、2、3時だったと思います。

人気が少ない場所だったこともありますし、飲んでいて気持ちが良かったこともあり、OK。

彼氏も私も車で洋服を脱いで全裸になり、公園までダッシュ。

300メートルくらいだと思いますが、飲んだ後に全力で走ったので、気持ち悪くなってしまい、公園のトイレに駆け込みました。

裸のまま、トイレで嘔吐しちゃったんですけど、その時に彼が私のあそこを舐めてきたんです。

外を全裸で走ったので、彼の舌で急に舐められると、ヒヤッとしてしまい声が出てしまいましたが、気持ち良くて、そのまま彼に舐めてもらっていました。

公園のトイレで全裸でクンニをされている自分を想像すると、それだけ気持ちが良くなります。

「濡れるの早いよ」

と彼。

後ろから胸を揉みながら、耳を舐めてきたり、耳に息をかけてきます。

それだけでイッてしまいました。

「イクのも早いな」

と。

「ここよりも、外でしたい」

と彼が言うので、そっとトイレから出て、公園の芝生のところに行き、寝ころび、再度エッチを再開しました。

芝生のチクチク痛いのが気になりましたけど、彼がいつも通りに丁寧に全身を舐めてくれるので、そこに集中します。

あそこを広げて、再度クンニ。

もう入れてほしいのですが、彼は私だけ気持ちよくなることをいつも許してくれませんので、今度は私が彼のあそこを舐めます。

段々と大きくなっていき、もう我慢出来なくなり、自分から跨ろうとしたのですが、ストップがかかります。

起き上がり、ベンチに行き、そこに手をつかせられて、後ろから入れられます。

「自分たちが楽しむときは、正常位でもいいけど、人に見せるときはバックからやるのが気持ちがいい」

と耳元で囁く彼。

誰かに見られているのかもという不安がありましたけど、それでも後ろから入れられ、獣のように激しく突かれるともうどうにでもしてと思ってしまい、大きな声で喘いでいました。

「もうダメ…」

と言って、私がイクのですが、彼はお酒を飲んだ後のエッチなので、なかなかイキません。

私がぐったりしていても、彼はぐんぐん腰を動かしてきます。

一度イクと、イキやすくなってしまう体質の私。

突かれながらクリトリスをいじられてしまうと、潮を吹いてしまいました。

「すごいね。気持ち良いの?」

と彼が耳を舐めがら言います。

喘ぎ声は出るものの返事が出来ずに頷くだけの私。

「酒飲んでいるからイケないな」

と言い、一旦出して、私の胸で挟むようにお願いする彼。

胸で彼のを挟んで、先を舐めると

「気持ち良すぎるな」

と言いながら、上を向いています。

それでイってほしくなかったので、イクときは私の中でとお願いすると、少しすると、

「イケるかも」

というので、またバックから入れてきました。

そして、同じように強く激しく突きます。

突き上げられる度に大きな声を出してしまいます、そして何度か突き、彼がイキました。

「ごめん、なかなかイケなくて」

と彼が言うのですが、イケなくても私は彼氏なら全然OKでしたので、

「もっと長くても気持ち良いから良かったのに」

と言いました。

それから、二人で再度公園のトイレに行き、お互いにあそこを洗いました。

「誰かに見られていたの?」

と、はっきりは分からないけど、男の人がいたような気がすると言いました。

公園で野外でエッチはしましたけど、裸で走ってここまで来たので、また車まで裸で戻らないといけないのですが、エッチで疲れてしまい、走る力もなく、ゆっくりと周囲を見ながら戻るときに、男性がこちらを向いて笑いましたので、彼氏と二人会釈をしてその場を去ろうをしたら、その男性が近づいてきて、

「気持ち良かった」

と言って下半身を出していたので、笑ってしまいました。

それから車で洋服を着て、代行を使ってラブホに行き、ベッドの上でゆっくりとエッチをしました。

あそこが濡れているときに風が吹くと、外でしているな~と思い、更に気持ち良くなります。