私と上司の野外体験

閲覧数:494 ビュー 文字数:2156 いいね数:0 0件

私が、25歳の時、OLで働いていた頃の体験談です。

同じ会社で働いていた32歳の独身の上司とエッチな関係になりました。

仕事先で、よく2人きりになる事があり、上司Aさんからの視線をよく感じていました。

その視線は私のバストだったり、脚だったりしました。

私は、それが嫌ではありませんでした。

そして、よくAさんは、

「プリンちゃん。今日も可愛いね。元気でる。」

と声をよくかけてくれました。

そしてある日の事、帰宅時間が一緒になりました。

Aさんは、

「あれ。珍しいな。帰り一緒じゃない。」

と私に声をかけてきました。

そしてAさんは、

「これは運命かな。」

と言って、私のお尻を撫でてきました。

人通りのある通りだったので、びっくりしてしまいました。

私が真っ赤になっていると、Aさんは、

「かわいいな。プリンちゃんは。」

と笑顔で微笑んできて、

「どうだろう。桜が綺麗だし、このまま、一緒に夜桜でも見に行こうよ。」

と誘われました。

私は特に予定もなかったので、上司の事は、気になっていたのでOKをしました。

そして、一緒に電車に乗りました。

車内でも、Aさんは、私のお尻を撫でながら、話をしていました。

近くの人に気づかれていないか気になって仕方なかったけれど、ドキドキして、刺激的でした。

そして、私達は、桜を見に行きました。

幻想的な綺麗な桜を見て、ロマンチックな気分になっていました。

そして、Aさんは、

「コンビニ行こう。缶ビール一緒に飲もうよ。」

と言って、コンビニで2缶、ビールを購入しました。

そして公園のベンチに一緒に座りました。

Aさんは、ビールを開けると、少し飲み、

「プリンちゃん。これ新商品。美味しいよ。飲んでごらん。」

と、私に渡してきました。

間接キスだと思いました。

私は、ちょこっと飲みました。

Aさんは、

「仕事終わりに、プリンちゃんと飲む。いいね。」

と言って、又、私の後ろに手を回してお尻を撫でてきました。そして、私にキスをし始めました。舌を入れてきました。「嫌じゃない?」と優しく確認してきました。私は「嫌じゃないよ。」

と言いました。

そして、Aさんは、私のスカートを触ってきました。だんだんとスカートの裾を持ち上げていきました。

人通りはあったのですが、そのベンチの辺りは暗かったので、そのまま、私達は、キスを続けていました。

ただ人通りはあったため、恥ずかしい気持ちと、刺激的な感情が混じり会っていました。

そして、Aさんは、人目もはばからずに、ブラウスの上からおっぱいを揉んできました。

おっぱいの揉み方が激しくなり、片方の手は私のあそこの中に入ってゆき、いじり始めました。

そして、舌の絡むキスを続けました。

野外での出来事で、何が何だかわからなくてなりそうでした。そしてAさんが、

「場所を移動しよう」

と言って、立ち上がり、私のスカートを元の位置に直すと、歩き始めました。

私とAさんは、まったりとしていて、Aさんは、歩いている際、又私のお尻を撫でてきました。

そして、建物の後ろに着きました。

少しの電灯はありましたが、静かでした。Aさんは、

「いいよね。」

と言って、私に、再度、キスをしてきました。

そして、私のブラウスのボタンを外しはじめました。

私の胸があらわになりました。

Aさんは、

「可愛い。プリンちゃんのおっぱい。プルプルだね。」

と言って、激しく揉みだしました。

電灯の明かりで、Aさんには、はっきり私の胸が見えていて、恥ずかしかったです。

そして、Aさんは、私の手をAさんのズボンへ誘導していきました。

Aさんのアレは大きく、膨らんでいました。

私は、ズボンの上から触りました。

Aさんは、ズボンのチャックを下ろすと、私の手をアレに誘導しました。

私はアレを直接触りました。

Aさんは、たまらなくなったのか、私を建物の方へ押し付けて、私の両手を上に上げ、掴みました。

そして、私のスカートをめくり、私のパンツをずり下げ、Aさんのアレをバックから押し付けてきました。

そして、激しく、ついてきました。

Aさんは、私の声が漏れないように、私の口に手を当ててきました。

そしてAさんは、何度も、私をバックから攻めて、最後までいってしまいました。

Aさんは、

「プリンちゃん。また一緒にしようね。刺激的だった。」

と言われました。

そして、Aさんは、

「プリンちゃんも気持ち良かった?」

と聞いてきました。

「私も、凄く気持ち良かったよ。」

と答えました。

その後も、上司は、職場で、熱い視線を投げかけてきたりして、ロッカールームや、野外での2人の関係が続きました。