突然連れて来られた山の中で

閲覧数:32 ビュー 文字数:2358 いいね数:0 0件

数年前の夏、私は、壮大な野外エッチを体験しました。

私は、当時、20代半ばの会社員でした。

そして、お相手は、遠距離恋愛をしていた現在のパートナー。

彼は、私より3才年下の男性で、専門職として仕事で活躍しており、頼もしい彼氏でした。

そんな彼が、私の実家に泊まりがけで遊びに来た際に

「行きたいところが、ある」

と突然、言いました。

私は、一体どこに行きたいのか、全く見当がつきませんでしたが、彼の提案に了承し、その場所に連れて行ってもらうことに。

その日の夜、彼は、マイカーに私を乗せると、市内に向かって車を走らせました。

街のほうに行くのかな?と想像していた私の考えとは、裏腹に、市内に向かっていた車は、田舎の地域へと進出しました。

そして、遂には、彼の車は、山の中を走行していったのです。

「こんな遅い時間に、山に行くの?」

「うん、そうだよ」

私は、不思議に思うと同時に、こんな暗い山に来て、一体何をするのか、疑問で仕方がありませんでした。

とにかく、山の中なので、街灯もなく、ただひたすら真っ暗な道を進むのです。

少し、怖ささえ感じました。

そうこうしながら走ること30分、彼が

「もうすぐ着くよ」

と、私に声をかけてきた。

「やっと着くんだね、一体、こんな暗い山の中に、何があるのよ…」

「車から降りれば、わかるさ」

そして、車は、山の頂上らしき場所に到着。

「降りてみて」

彼に促され。

私は、車を降りた。

でも、そこは、ただの真っ暗な駐車場。

「少し、歩こう」

そう言った彼の後ろ姿を、恐る恐る私は、ついていった。

一体、なぜ、こんな真っ暗な山の中に、私を連れてきたんだろう…とブツブツ考えていると、私達は、草原のような広場に着いた。

そして、

「上を見てごらん」

「え?上??」

と言って、彼の言う通り、上を見上げると…

「…!!」

そこには、満点の星空が、夜空を彩っていました。

「…すごく、、綺麗。」

「美月に見せたかったんだ」

あまりにも、綺麗な星空に、私は息を飲み、そして惚れ惚れと眺めた。

「私、地元民なのに、こんな場所、知らなかったよ」

「調べたんだ。美月の故郷で、星空が綺麗なところ」

私が、知らないところで、そんなことをしてくれていたなんて…。

思わず、彼に対する愛おしさが溢れかえった。

「ありがとう。凄く綺麗で。感動してる」

「喜んでくれてよかった・でもね…この世界で、僕にとって、一番綺麗なのは、あなただよ」

そう言った彼は、私の目をまっすぐ見つめて

「美月、愛してるよ」

と言い、私に、そっとキスをした。

彼の熱い言葉と、優しいキスに、私の感度は最高潮に達していた。

「ねぇ、誰もいないよ」

「うん」

「私、今、ここでしたい。愛し合いたい」

「いいよ」

そう言った彼は、広場にある、休憩所に私を引き連れると、まずは、ギュっと抱きしめて、キスの続きをした。

彼の温かい舌が、私の口の中に入り、弄っていく。

唇も口の中も、彼に、されるがまま。

大好きな相手とのキスだ。

気持ちよくないわけがなかった。

私は、欲望の赴くがままに、キスをした。

守りから一転、攻めに入り、彼の体を壁に押しつけて、激しく口内をかき乱してやった。

彼も、私の積極的なプレイに興奮してきたようで、股間のイチモツがギンギンにたっていることが、足から伝わる感触でわかった。

チュッ、チュパッ、わざと、いやらしい音をたてて、唇を吸い上げると、

「今日はとてもエッチだね」

と彼が、嬉しそうに笑っていた。

そして、私の衣服を、いとも簡単に脱がせると、私の全身を、彼の舌が這っていく。

「…っぁ」

吐息が漏れる私にも、お構いなし。

彼の焦らし攻撃は、手を休めない。

一体、どれだけ、体を愛撫されただろうか。

もう私の性欲は、我慢の限界でした。

「…欲しい。一緒になろう」

とポツリと言う私。

「その言葉を待ってたよ」

と、優しく微笑む彼。

そして私は、恥ずかしげもなく、裸で彼の上に跨った。

騎乗位の体制になると、激しく腰を上下に振っていった。

勿論、彼の腰振りと、息をあわせて。

「ぁあっ、あぁぁっんっ、、、気持ちいいい、あぁ」

場所が野外のせいか、部屋で行われるSEXとは、比べものにならない解放感が私を包んだ。

「外で、、、、やると、、こんな、気持ちいんだね、、あぁぁ」

解放感と快楽で、いよいよ、私も限界。

すると、彼が

「…美月、上見て。綺麗だよ」

「…ほっ…んと」

腰を振りながらも、上を見上げると、最高に綺麗な満点の星空が、私達の真上にあった。

私達は、騎乗位をしながら、真上の星空を堪能しつつ、最後は、いつものSEXよりも盛大にイッテしまいました。

野外のSEXがこんなに、気持ちいいなんてと余韻に浸っていると、

「月が綺麗だね」

と彼が私を見て一言。

それは、言い換えると

「あなたのことを、愛しています」

という意味。

何もかもが、ロマンチックで暑苦しい彼。

でもそんな熱い男が世界で一番大好き、そして、Hも激しく燃えてしまう私達でした。