不倫中の部下と社員旅行中に…

閲覧数:400 ビュー 文字数:2262 いいね数:0 0件

こちらは当サイト野外でどすけべ体験談投稿フォームより、さぶろう(51歳・男性)さんから投稿頂いた体験談です。

自営業を営む社長です。

現在会社に勤める部下社員と不倫中ですが、先月慰安旅行を企画し、そこで野外セックスと言うモノを初めて経験しました。

今は51歳で既婚者です。

この年ですから嫁とのアッチはほとんどありません。

そこで1年ほど前から23歳の女性社員と不倫してます。

彼女の名前はサオリ。

お目目パッチリでスレンダーながらおっぱいはGカップ。

この巨乳に私は惚れこんでしまい昨年暮れの忘年会で彼女をラブホへ誘ったのがキッカケです。

そして時期は今年の11月。

我社の慰安旅行が開催され、ココでも懲りずに不倫相手とセックスをヤりました。

旅先は南国宮崎。

ホテルは市内から車で20分ほどで着く海が見えるリゾート地です。

あ、それから家族も同伴しています…

夕飯時。

指定されたレストランで食事を済ませ自分の部屋へ嫁と戻ります。

その後しばらくはテレビを見てくつろぎますが、特に嫁との会話は一切無…と、その時一通のラインが届きました!

サオリです…。

この日だけは連絡しないようにと伝えていたのに全くどうしようもない奴です。

ラインを読みます。

「ねぇ、外行かない?」

私は一度断りを入れますが…その後しつこい位サオリからラインが飛んできます。

根負けした私は

「ちょっと、田中が酒呑もうって言ってきたから行ってくるわ」

と嫁に告げ部屋を出ました。

1階におりて指定されたオープンカフェに向かうとサオリがいます。

「結構暖かいよ」

今年は暖冬と言えさすが南国宮崎。

吹いてくる潮風も何故か気持ちいいです。

しばらくの間彼女と雑談をしますが、突然サオリが

「ねぇ浜辺の方歩かない?」

あんまり時間が長くなるとうちの鬼婆に怒られると思い一度断ります…が、サオリが私の股間をスリスリしながら再びお願いしてくるモノだから遂に根負けしてしまいました。

浜辺に向かうには松林を通過する必要があるため、二人で手をつなぎ真っ暗な夜道を歩き始めました。

15分経過…。

意外に遠く、なかなか目的の浜辺につきません。

段々鬼婆の顔が脳裏をかすめだしてきます。

そして私はもう一度サオリへお断りを入れようと思った時、彼女の方から

「ねぇ、ココでヤろうよ」

私は速攻

「今日だけはヤバイ」

と返しましたが、今度は私の手を取りオッパイを擦りつけ駄々をこねるサオリ…。

また根負けしてしまいました…。

ヤレそうな場所を探していると

「ココでイイじゃん」

とサオリが言い放ち、いきなり私の短パンをおろすと即フェラ開始。

「チュパ…ジョボジョボ…」

夜風を受けながらのフェラはとっても気持ちイイ。

「ホラ、アッチも舐めてあげる」

と言われたので私はいつもの四つん這いポーズで尻を突きだします。

サオリは私の尻の肉を左右に大きく広げ、舌先を使いアナルを舐め上げます。

「ア~サオリ…そう、イイ、イイよー」

中高年のオヤジが女みたいな弱弱しい声を漏らしてしまいました。

因みに私はアナルが大好きで、たまにサオリがペニスバンドを装着し尻を犯された事が何度かあります。

「今度は私も…ね…」

私はサオリのパンティを剥ぎ取りクンニでお返し。

「ア~気持ちい…そこ、ア~、クリが気持ちイイ」

こんなに若いのに本当スケベな女です。

私は思いっきり舌を出してベロベロとサオリのクリやマンコを舐め回してあげました…と、ここで通行人の姿を発見!

私たちはもう少し奥にある松林へ移動し、しばらくは静かに待機。

通行人が通り過ぎます…。

再びプレイ開始!

69でお互いでお互いの恥ずかしい所を舐めあいます。

私のアソコは完全に勃起しました。

「スゴイ…。あーん欲しい~」

とサオリが言うと彼女ははそのまま寝転がり股を開きます。

グチョグチョのマンコへチンポを差し込みました。

信じられないほどの締まり!さすが20代前半のマンコはモノが違う!!

私が腰を動かすとサオリもそれに合わせ腰を振り始めます。

「パンパンパン…」

「ア~大きいの―…もっと、もっと突いて~」

あまりにも大きな声だったので私は彼女の口を手で塞ぎながら腰を回転速度を上げていきました。

次にサオリを立ち上げ、松の木に両手を突かせ立ちバック。

「パンパンパン…」

腰を振りながら夜空を見上げると、とっても綺麗な星で一杯…。

ホント野外セックスって最高です!

サオリは立ちバックで一度イきました。

今度は私も行かせてもらおうと対面座位。

サオリの腰の回転も本日一の速度アップです。

私はたまらずココでサオをマンコからヌキ、サオリの口の中へそれを放り込みます。

そして事が終わるとサオリの精子まみれになった唇にキスをしてお別れ。

私は自分の部屋に戻ると、汗をかいたことを理由に速攻シャワーを浴び就寝です。

サオリとは当然今も不倫を続けています。

それに宮崎での野外セックスが癖になり、この間はある施設内の公衆トイレでもオフパコしました。

野外でどすけべ体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまの野外でどすけべ体験談を募集しています。夏の海・街中で・夜の駐車場・非常階段など、誰かに見つかりそうな体験や、誰かの野外行為を目撃した体験談をお寄せ下さい!
投稿する