登山中に仲良くなった女子大生と青姦

閲覧数:881 ビュー 文字数:2570 いいね数:0 0件

こちらは当サイト野外でどすけべ体験談投稿フォームより、kazu(42歳・男性)さんから投稿頂いた体験談です。

私は、42歳の男性で現在の趣味が「登山」になります。

住んでいる場所は、兵庫県で県内、関西エリアを中心にいろいろな山に登りました。

基本、登山前には、山の情報を知るため雑誌やネットで調べる感じです。

特徴や見どころが分かり、ワクワクするのが登山です。

そんな私は、休日を利用して山登りを楽しみます。

登る相棒として、1人の友人がいて2人で登山をするのが好きです。

思い出としては、あまり知られていない絶景が見れた事などがあります。

しかし、私には、登山で忘れられない経験をした事が他にもあります。

それは、登山で知り合った大学生と野外で青姦した事です。

今から1年前ぐらい前の冬の出来事で、山は京都府京都市左京区にある金毘羅山でした。

人気の山で、観光地の大原が近く登山客にも好評な山です。

この山は、600メートルぐらいの高さですが、頂上から見渡す絶景は、素晴らしいらしい。

その金毘羅山には、いつも一緒の友人はいなく私一人で登ります。

仲が良い友人は、体調を壊して入院していたため私は1人で金毘羅山へ。

朝9時から出発をし、山に着いたのは午前11時ぐらいでした。

入り口を見つけると、私は頂上を目指して登って行きます。

登山道は、きちんとあるので比較的歩きやすい山道です。

私は、ゆっくり歩いて登って行くと、後ろから女性が接近して来ました。

黒のロングヘアーで、スラリとした美人さんです。

女優の中条あやみさん似で、少しハーフのような女性でした。

その女性は、私の背中辺りに来た時、話し掛けて来ます。

「しんどいですね。」

「ええ、若いけど登山好きですか?」

私は、女性に言いました。

すると、女性はどんどん話をして来て意気投合します。

女性は、愛知県から登山をしに京都へ来ていた大学生でした。

1日目は、京都市内を観光し2日目に趣味の登山に来たらしい。

気さくで感じのいい大学生に、自然と心が惹かれる私。

会話をしながら登って行くと、金毘羅山の頂上に到着をします。

昼食の弁当を2人で食べながら、景色を見て会話が弾みました。

大学生は、愛知の事や学校での事などを教えてくれます。

私は、山登りの事を話し仲が一気に縮まります。

話をしていると、4時ぐらいになり頂上に3時間ほどいた2人。

私は、少しずつ大学生を意識して恋愛感情が生まれて来ました。

「ねえ、あっちの方向へ行って見ない?」

私は、登山道から外れた山道へ大学生を誘います。

すると、大学生も乗る気で細い山道を着いて来ました。

道は、どんどん獣道となり辺りもだんだん暗くなって行きます。

その時、大学生が急に立ち止まり私に言って来ます。

「ちょっと足が痛い。」

私に甘えるような大学生。

大学生の足首を見ると、疲れから筋肉痛になっているようです。

私は、足首を掴んで筋肉を揉んだり解して挙げました。

すると、大学生は私に、

「足痛いから歩けない。」

と、地面に座り込んでしまいます。

私は、仕方なく大学生をおんぶして歩く事にしました。

歩いていると、大学生の胸が背中に当たり気持ちがいい。

少し経った頃、大学生は、私の首や頬にキスをして来ました。

一瞬戸惑った私でしたが、やはり40歳オーバーの男性です。

抑えていた性欲が一気に訪れて、大学生の方を向きキスを伝えました。

「キスしようよ。」

大学生は、拒む事なくおんぶの状態で口にキスをした私。

舌を絡めると、体は熱くなり濃厚なキスをします。

私は、大学生を連れて太めの木の場所へ移動しました。

「はあはあ、はあはあ」

大学生を木に押し付けると、キスをし胸を揉み解したものです。

「あん、あん」

大学生は、感じて声を出して私のいいなりになっています。

私は、ジャンパー、セーターを脱がしブラジャーを上に。

大学生の小ぶりなオッパイは、丸く乳首がビーンと立っていました。

「チュー。」

私は、乳首に吸い付き舐め回したものです。

味は美味しく、乳首をレロレロと吸いました。

そして、ズボンの上からアソコを弄ってみると、さらに感じる大学生です。

「はあ…、はあ…、あん…」

「もう濡れている?」

「あん。うん。」

私は、大学生のジーンズを脱がしパンツの中に手を入れました。

アソコは、グショグショに濡れていてスケベな感じです。

パンツを下に下ろすと、黒い毛が現れガマン出来ません。

大学生のアソコに顔を埋めて、無我夢中で舐め回しました。

「あん、あーん、もっと舐めて。」

本性を現した大学生です。

私は、ズボンを下ろすと、固くなっている性器を露出します。

「舐めて。」

ムシャぶり付くように舐める大学生。

大学生は、ジュポジュポと音を立てて舐めてくれます。

「イクっ」

快感はピークになり、口の中に発射しました。

大学生は、口から液体を出すとお尻を向けます。

「ねえ、入れて。」

大学生のお尻は、ツルツルで白い肌が堪りません。

私は、お尻からアナルも舐めて、木に手を着かせると後ろから立ちバックで入れました。

「ズボッ。」

大学生のアソコは、締まりも良く感触もいい。

「はあはあ、はあはあ」

「あん、あん、あーん」

腰を動かす度に、快感は訪れ興奮したものです。

大学生の淫らな姿は、最高の瞬間でした。

「イクよ。」

数分後、快感はピークに達しアソコから抜くとお尻に発射をします。

液体をティッシュペーパーで拭き、野外でのエッチが終わりました。

スリルあり、青姦を楽しめた感じで夢のような登山になります。

その後、2人で下山しお別れをすると、大学生は愛知県へ帰りました。

野外でどすけべ体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまの野外でどすけべ体験談を募集しています。夏の海・街中で・夜の駐車場・非常階段など、誰かに見つかりそうな体験や、誰かの野外行為を目撃した体験談をお寄せ下さい!
投稿する