出会い系の女の子と深夜の公園で

閲覧数:184 ビュー 文字数:2049 いいね数:0 0件

出会い系サイトの掲示板で

「誰でも良いので会いませんか?」

っていうのありますよね。

ソープに行くには時間が必要なので、サクッと抜きたいときにこういった投稿から相手を見繕って、抜いてもらってます。

出てくるのは日本人だったり中国人だったり、色々ですが、今回するお話しするのは日本人です。

コロナ禍が始まって1年以上たった年の8月頃に、やはりムラムラして出会い系サイトの掲示板で相手を物色していました。

そんな中で目に留まったのが、さやちゃん(仮名)の投稿でした。

投稿の内容は、

「これから2:00くらいまででお時間を合わせてお会いできる方いますか?

○○公園でお願いします。

会ってから決めて貰って全然大丈夫です。

気になっていただけた方ぜひメッセージください。」

といった感じのものでした。

○○公園ってどこだろうと調べてみると、自宅からすぐに行ける場所だったので、彼女のプロフィールも見たうえで、メッセージを送りました。

プロフィールによれば20歳の女子大生でした。

本当かどうかは分かりませんが。

送った内容は会ってみたい旨と条件の有無でした。

するとすぐに、彼女から返事がありました。

はじめまして!大人の関係で探しています。お小遣いを1.2ゴム 1.5生中でもらえますか?

「本番と生フェラ、もちろんあってから決めても構いません。」

私は二つ返事でOKし、待ち合わせ時間を調整しました。

この日の待ち合わせ時間は0時ごろで公園に着くと、周囲の街灯のおかげで真っ暗ではありませんでしたが、かなり暗かったです。

公園で待っていると女の子が一人やってきたので、

「あなたはさやさんですか?」

声をかけてみると、ビンゴでした。

少し明るめの場所に移動し顔を見ると結構かわいい。体形も細身で結構好きなタイプでした。

プロフィールの20歳も嘘ではないかもしれません。

こんなかわいい子なら中出ししたいなということで、諭吉さん1人と5人の野口さんを引き渡しました。

どうせピルを飲んでいるんだろうけど、自分の遺伝子を仕込みたいなと思うぐらいには好みでした。

深夜で人通りもなかったので、街灯や周囲のあかりで少し明るい場所付近でヤることにしました。

と言っても、屋外なのでお互いズボンやパンツをずらしてと言う感じです。

別に巨乳と言うわけでは無かったのですが、おっぱいが見たかったので、お願いするとシャツをはだけさせて見せてくれました。

おっぱい大好きなので吸わせてもらいました。

おっぱいを吸うとなんか満たされます。

さやさんが自分のパンツを脱ぐと、私のベルトの金具を外して、ズボンとパンツをずらすと既に半立ち状態だった私の肉棒をパクっと咥え、ギンギン状態まで高めてくれました。

頃合いを見計らって彼女は、自分の膣内にローションを仕込みました。

そして鉄棒を支えにして立ちバックで合体しました。

パンパンピストン運動しているときには我慢していましたが、挿入開始時には、少し彼女の声が漏れていました。

生挿入の感触もよく、また20歳前後の若い女が、深夜の公園で10歳上の男の肉棒で突かれている、そして中出しされるというシチュエーションも興奮するものでした。

深夜と言うことで、周りは非常に静かで、喘ぎ声をあげると誰かが着てしまうかもしれないと言うこともあり、彼女は静かに私のピストン運動を受け入れていました。

ただ、ピストン時に生じるパンパンといった音はどうしても出てしまい、男女の肉体のぶつかる音とだんだん荒くなるさやさんの呼吸音を聴きつつ、最後は彼女の体内に精液をぶちまけました。

肉棒を引き抜くと、ぼとぼとと精液が地面に落ちていきました。結構沢山出せたので良かったです。

そのあと、後始末をしてバイバイしました。

バイバイして10分後に、彼女から

「今日はありがとうございました。」

とメッセージがありすごく感心しました。

これまでにも何度か同じように遊んでいましたが、お礼のメッセージなんてもらったことはなかったからです。

また、機会があればと思わせる子でした。

実際に出会ってから分かれるまで30分ぐらいでしたが、満足のいくセックスでした。

ただ、残念ながら、その後彼女が掲示板で募集することはなかったのでエッチすることはなかったのですが。

翌日の昼間にたまたまこの公園の前を通ったのですが、幼い子供たちが遊んでいました。

夜中には大人のエッチな遊び場になっていた公園も、昼間は普通の公園でした。

あなたのそばにも深夜にエロいことが行われている場所はあるかもしれませんね。