山の中で露出

閲覧数:98 ビュー 文字数:1196 いいね数:0 0件

山の中で露出してたら自分よりも数歳若い子とバッタリ・・・

拘束趣味のせいでそっちも色々見られた。

けどあちらもオナニーでもしようとしてたのか息子がギンギン・・・

だが初動で怯んでしまってから主導権があっちにorz

「縛られるの好きなんですか?」

とか訊かれた。

死にたい。

また前回と同じ山へ。

前回別れ際に

「また来るでしょ?」

って言われた。

不思議と二度と行かないという考えにはならなかった。

連絡先も知らないし、顔もよく覚えてなかったから、無視しようと思えばできたんだが。

駐車場の奥に車が停まってた。

山に行かない人間も停めるからそれは大した問題じゃない。

居ないかもと思ったが前回の場所に行ったら居たわ。

女物?の黒いレザーパンツが無茶苦茶エロかった。

「来たんですねw」

とか言われて恥ずかしくなった。

少し奥に入ったところで服脱がされて、縄で縛った体をまじまじと見られて沸騰しそうなぐらい。

「縛られるの好きなんですか?」

ってまた訊かれてうなずくしかなかった。

そしたら結び目緩めてからもっときつく縛られて、自然と加減しちゃう。

自縛と違って痛いぐらいだから、野外だってことを忘れて思わず声出してしまった。

きつく縛られた状態で首輪つけられて広場一周したら、無茶苦茶疲れたけど感じっぱなしでギンギンに。

最後は足で息子扱かれて声上げながら出してしまった。

汚した後始末も口でやらされた。

シチュエーションもヤバいがどう見ても年下の相手に辱められてるのでますます興奮。

口の中がヌルヌルというかイガイガしてる状態で、ギンギンになった相手のが目の前に突き出される。

ゲイじゃないしそんなこと考えたこともなかったけど、一種のトランス状態みたくなってて全然考えもせず無我夢中に口でした。

口に出されたザーメンを吐き出そうと思ったけど首輪引っ張られて

「飲め」

って言われたから思わず・・・。

一段落して麓まで戻ることに。

その道中ずっと犬みたいに引っ張られてた。

相手は車で来てたらしいので、麓で別れようと思ったが、足がガックガクになっててマトモに歩くのも限界になってたからか、

「送っていきましょうか?w」

とか言われちまった。

羞恥というか賢者になってしまって顔伏せっぱなしだったけど。

相手がペラペラ喋ったところによるとやっぱ相手は年下だった。

自分よりも4つも下。

一方的に話しかけてきたときはずっと敬語だったけど、別れ際に

「やっぱ変態なんだな」

って言われて眩暈がした。

連絡先交換した、なんかもうオワタ。