夜中に女装散歩

閲覧数:17 ビュー 文字数:891 いいね数:0 0件

この体験談は21歳以上の閲覧制限がかけられています。20歳以下の方はブラウザのバックボタンでお戻りください。

夜にちょっと遠くの公園で女装散歩しました。

少し離れたところに車を止めて、公園まで薄暗い道を歩きました。

サテンのピンクのプリーツミニスカートとキャミをきて、ヒールが8cmのサンダルを履いてました。

私は小柄できゃしゃな感じなので、ヒールはいて160cmぐらいで服は9号サイズをきてます。

おっぱいはブレストフォーム、下も人工ヴァギナを接着しています。

おっぱいはDカップのブレストフォームつけてB84です。

ノーブラ、シースルーショーツで、歩くとおっぱいが揺れてエッチな感じで、ヒールの音が響いて誰かにあったらどうしようと、どきどきでした。

公園の入り口まで来ました。

公園の隣にはテニスコートがあって夜間テニスをしている人たちもいました。

その横を通ってトイレまで行って車まで戻ってきました。

ちょっとドキドキしました。

しばらく車で女装ドライブしたあと、もう一度さっきの公園に行ってみました。

もう深夜になってたので、静まりかえっていました。

さっきと同じように車を降りて深夜の道路を歩いて公園まで行きました。

今回は、白のシースルーのベビードールをもって、トイレで着替えます。

公園に一人おじさんがベンチに座っています。

酔っぱらってるみたい。

わたしはトイレに入ってベビードールに着替えました。

オッパイも体も透けて見えちゃいます。

そっとトイレから出ます。

おじさんはまだ座っています。

寝ているみたい。

かなり離れたところのベンチに私も座って様子をうかがいました。

私もなんだか変な気持になってオナをはじめちゃいました。

おじさんに聞こえるようにエッチな女の子の感じる声を出して・・・。

おじさんが気付きました。

おっぱいを揉んだり、ショーツに手を入れて感じてるところを見てもらいました。

おじさんが近寄ってきて、お姉ちゃん触らせてくれと言って抱きつかれました。

そのあと手とお口で慰めてあげました。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。くれぐれも当作品の内容を真似しないようご注意願います。