山道で遭遇したレディース

閲覧数:46 ビュー 文字数:7232 いいね数:0 0件

この体験談は21歳以上の閲覧制限がかけられています。20歳以下の方はブラウザのバックボタンでお戻りください。

高2の夏、俺は友達Tと2人で夜の秩父を愛車のホーネットで走っていた。

当時の俺は友達Tとバイトに励んだ結果やっと買ったバイクに夢中になっていた。

秩父の峠を二人で走っていたらいつの間にかあたりが暗くなり、そろそろ帰ろうと二人で定峰峠を下っていた。

峠を下りきったところにある峠茶屋で休憩を取っていると、DQNスクーターが数台近づいてきた。

俺とTがただならぬ雰囲気を感じバイクに跨りエンジンをかけようとしていると、スクーター数台が二人のバイクの周りを取り囲みDQNの一人が話しかけてきた。

女達「カッコいいバイク乗ってるジャン」

俺「まぁね。今から帰るところなんだけどスクーターどかしてくれない?」

女はどう見ても中学生だったのでちょっと強気な態度に出てみた。

女達「なにぃ?ひょっとしてびびっちゃった?w」

T「びびってねぇって。だって君ら中学生でしょw」

女達「中学生だからってなに?なめてんの?」

中学生という一言が気に障ったらしく女達が不穏な空気をかもし出していた。

次の瞬間女達の頭と思しき女Aが指示を出した。

女A「お前(俺)ちょっとついて来い。」

女達「おら、くるんだよ」

女X「お前(T)はこっちだ」

女達4~5人が、俺とTを羽交い絞めにしてそれぞれが違う建物の影に連れて行かれた。

建物の影に連れて行かれ一人にされたことにより、相手が中学生ということも忘れすっかりビビリモード突入。

女達は半々程度にわかれ俺のほうには5人来ていた。

2人は俺の両手を片方ずつ押さえ、1人は胴体を押さえていた。

そして女Aがもう1人フリーになっていた女Bにズボンをおろすように命じた。

女A「Bこいつのした脱がせろ」

女Bが指示に従い俺の下半身を露出させた。

下半身を露出させられた俺はかなりのビビリモードと峠を走っていた緊張感がまだ取れずに、どこにあるの?と、自分でも聞きたくなるほど縮こまっていた・・・

縮こまったジョンを見て女達が大爆笑した。

俺はもう怖いとかそんなことより大爆笑されたことがショックでかなりのブルーになっていた。

そんなおれに女Aが追い討ちの一言を発した。

女A「ここでオナニーしたら許してやるよw」

女達「マジでやらせるんすか?www」

俺「んなこと出来るわけ無いでしょ」

女A「やらないんだったら集合かけてボコるよ?」

女達「てめーAさんが言ってることきけねーのかよ!」

俺「わかったよ・・・。やったらホントに許してくれるの?」

女A「あー。約束は守ってやるよ」

女達は俺を開放し、俺の前にしゃがみこんだ。

仕方がなく俺は縮こまったジョンをこすり始めたが、いくらこすっても勃起すらしてこない。

女達から

「まじめにやれよ」

などの野次があったが、俺としてはこんな緊迫した状況でたつわけが無いとおもいながら、ボコられるのも怖いのでそのまま無言の状態でこすっているとAが女Cに指示をした。

女A「おまえおかずになってやれよ。上脱げ」

そのレディース集団でAは絶対的な権力を持っているらしく、Bが拒否ると思っていたが、何の抵抗もなく上半身をはだけた。

さすがに緊迫した状態で立たないとは言っても、初対面の女の子(野村佑香似の可愛い感じ)が無表情で上半身をさらし、俺のほうを向いて仁王立ちになっているのだからたたないわけが無い。

ビッグジョンになったのはイイがこすってもこすっても行く気配が無い。

そのままこすっていると俺のいる建物とは別にある自販機の裏から爆笑の声が聞こえてきた。

俺はTも同じようなことさせられているのかなと少し悲しくなっていた。

ジョンをこすりながら・・・

やはりジョンも精神状態に左右されるらしく、リトルジョンになってしまった。

さすがに女達もいらいらしたらしく女Bが靴を履いたままリトルジョンを蹴ってきた。

しかし、俺は中学生が上半身裸でジョンを蹴ってくるという状況に興奮した。

結構M?

再びビッグジョンに返り咲いたのもAが発見し、すかさずBに指示をだす。

女A「お前こすってやれよ」

さすがにBは少し躊躇したがAのけりを食らって、しぶしぶ俺のジョンを握ってきた。

Bの手は柔らかく少し手汗をかいていたこともあり、ヌルっとした感触が俺のジョンをMAX状態までもっていった。

しばらくBにジョンをもてあそばれているとBが発情したらしく何を思ったか口に含んできた。

俺のジョンはすでにMAX状態と言うこともあり、Bの口内で暴発してしまった。

さすがに発情していたBも口に出されることは予想していなかったのか、即座に口をはずすことが出来ず、精子の半分くらいを口のなかに出された。

Bは怒り狂い精子を地面に吐き捨てながら俺のことをけり、そして馬乗りになって殴りかかってきた。

その様子を見ながらしばらく女達は爆笑していたが、俺があまりにも無抵抗に殴られ続けているのを哀れに思ったのかBにやめるよう指示を出した。

女A「そろそろその辺で許してやれ」

女B「でもこいつ口の中に出したんすよ?」

女A「イイからその辺にしてそろそろ行くぞ」

女B「はい・・・分かりました。」

女A「おら!みんな出発するぞ!!」

Aは全員に指示を出し、それぞれのスクーターに跨り走り去ってしまった。

俺はやっと終わったという安堵感と行ったあとのけだるい雰囲気とでバイクの場所まで行き、座り込んでいた。

そこで異変に気が付く。

Tのバイクが無い!!

あとから知ったがTは物まねが得意で女達に物まねを披露していて早めに解放され、1人でバイクに乗りばっくれていた。

そんなことは予想もしない俺はTを探し、あたりをふらふらと探していたら、先ほどフェラチオサービスをしてくれたBがバイクに跨りなにやら四苦八苦している。

俺「どうしたんですか?」

B「エンジンがかかんねーんだよ」

俺「他の人たちはどこですか?」

B「ミューズパークまで走りにいったよ」

俺「直してあげましょうか?」

B「おお。サンキュ」

バイクを買ってからずっといじり倒していた俺はバイクの知識もそこそこあったので直してあげることに。

ホーネットから車載道具をだし、カチャカチャといじっているとすぐに原因が分かった。

しかし、大勢いたレディースの連中もすでに走り去っていなくなっていて女1人というチャンスを俺は見逃さなかった。

俺「あんまり整備とかしてないでしょ?」

B「お袋のやつだから良く分からないけど・・・」

俺「ここでは直せないくらいに消耗品がボロボロだよ?」

B「マジー?どうやって帰ろう・・・そうだ家まで乗っけてけよ」

俺「あぁ。いいけど家どこ?」

B「自動車教習所のあたりだよ」

俺「それなら30分もかからないからOK」

俺はBを後ろに乗せ走り出した。

一応は教習所の方へ向かって走り出すが途中にある墓場の方面へそれ峠道よりも人気の無い場所へ向かった。

途中でBが後ろでなにやら騒いでいたが、峠仕様にしていた為爆音で何も聞こえない振りをし続けた。

しばらくオフ車くらいしか通らないであろう山道や峠道をひたすら走り続け星明り以外明かりが無いような峠の奥まったゲロ道で止まりBに話しかけた。

俺「ここからどういくんだっけ?」

B「途中で何回も後ろから道が違うって言ったろ?」

俺「このバイク爆音にしてるから聞こえなかったよ」

B「ふざけんな!今すぐもどれ!」

俺「何それ?それが物頼む態度?いやなら歩いて帰ったらw」

完全に立場は逆転した。

B「ごめんなさい。もどってくれる?」

俺「そんな態度とってそれだけ?」

B「じゃあどうすればいいの?」

ここまでおいしい展開になったならやることはひとつ。

そう、同じことをさせてやろう。

俺「じゃあさっき俺にやらせたことやってよw」

B「あ?ふざけんじゃねぇぞ」

俺「だったら置いていくだけだからいいよw」

B「わかった、わかった。お願いだから置いていかないで。」

Bはすでに先ほどまで俺に馬乗りになって殴っていた威勢もなくなり、月明かりでも分かるくらいの涙目になっていた。

Tとお弁当を食べるときのために持ってきたビニールシートを土の上に敷きその上にBを乗せた。

俺「はい。じゃあやって見せてよ。」

B「わかったよ・・・」

俺「ちゃんと脱いでねw」

Bは灰色の上下スウェットという田舎ヤンキーそのものの格好をしていたので、そのままでは良く分からないので脱がせることにした。

月明かりの中、スウェット上下を脱ぎ捨てたBを見ると、まだ発育途中のためスポーツブラ(布だけで出来てる奴)と、良く分からないキャラクターのバックプリントのパンツをはいていた。

とても幼い印象をうけた。

俺「ちゃんと下着も脱がないとぬれちゃうよ?w」

B「マジで?!勘弁してよ・・・」

俺「じゃあ下着のまま歩いてかえる?」

俺はすばやくスウェット上下をタンクバッグに押し込んでいた。

B「ちょちょちょ!勘弁してよ。ちゃんと脱ぐからぁ・・・」

俺「最初から素直になればいいんだよw」

B「まだ誰にも見せたこと無いんだよ・・・」

下着を脱ぎながら涙目の瞳から涙が流れていた。

しかし、先ほど殴られたことに腹をたてている

俺はその程度では許さなかった。

下着を脱ぎ全裸になったまま立ち尽くすBが俺に必死に許しを請うように話し出した。

B「今までAさんの命令で胸を見せることは何度もあったけど、下を見せることは無かったの。好きな男子もいるんだけどその人にだって見せたこと無いから許して。こんなことしたらその人になんていっていいか分からない。」

俺「そんなこと知らないよ。さっき俺殴られてめちゃくちゃ痛かったんだよ?」

B「それはホントにごめんなさい。だから許して。」

俺「いいからさっさとやれよ」

Bに絶対にゆるさない。

オナニーする姿を見せるまでは。

と言うことを強めに言い、Bは泣きながら胸を揉み始めた。

俺「たったままじゃちゃんと見えないでしょ?」

B「だって・・・」

俺「ちゃんと座って足開いて見せろよ。」

B「はい・・・」

Bはビニールシートに腰を下ろし▼をさすり始めた。

▼はまだ未開発と言うこともありうすーく毛が生えていたが、パイパンか?と思うくらいうっすらとしていた。

そのまま数分▼をまさぐっていたらBから声が聞こえ始めた。

B「んっ。んっ。はぁぁぁぁ。。。」

俺「どうしたの感じちゃってるの?w」

B「感じてるわけないじゃん・・・」

俺「じゃあこれなめながらヤってよ」

俺はフル勃起したジョンをだしBに突きつけた

BはAの命令でフェラくらいならしていたらしく、先ほどまでの抵抗が嘘のようにジョンを咥えた。

Bの感じるつぼがフェラなのか、フェラをしながら▼をまさぐる手が激しく動いているのが良く分かった。

虫の鳴く声しか聞こえない秩父の林道でいやらしくBの▼から聞こえる音とジョンを激しくくわえ込む音とが鳴り響いた。

さっき茶屋で1発抜かれていたせいか、なかなか射精まで行かなかったので、コレはBのお初をいただこうかと考え、Bを脅しにかかった。

俺「なんか全然気持ちよくねーからもう良いよ」

B「本当?じゃあもう帰ろう?ね?」

俺「はぁ?ちゃんと行かせる事も出来ないヤツなんておくらねーよ」

B「ごめんなさい!!!ちゃんと行かせるから置いてかないで!」

俺「じゃあ、そこの木に両手をついてケツ出せよ」

B「やだ!!初めては●●君って決めてるんだもん・・・」

俺「じゃあ1人で帰るんだな。全裸でw」

B「他のことなら何でもするから置いてかないで」

俺「だってフェラじゃ全然いかねーんだもん」

B「頑張るから・・・」

などの押し問答が数分続いた。

いくら言っても切が無いと重い最後の手段に出ることにした。

俺「いくら言っても無駄だな。俺かえるわ」

B「だからH以外なら何でもするから・・・」

ジョンをしまい、バイクに跨ってエンジンをかけた。

B「キャーーーーー!!置いてかないでーーーー!」

俺「ジャー。気をつけて帰れよ。」

全裸のままBを置き去りにする振りをしてバイクを走らせた。

十数メートル走らせると全裸のBが大声で

B「なんでもするから!!ごめんなさい!!」

俺「言うことちゃんと聞く?」

B「うん。わかったから。置いていかないで・・・」

俺はバイクを元の場所へ戻し、Bのところへ歩み寄った。

俺「何してんの?言うこと聞くんでしょ?気に両手ついてケツだしてよ。」

B「はい・・・。コレで良いですか?」

俺「ああ良いよ。じゃあ入れるけど文句ないよね?」

B「はい」

震えるBの▼にジョンをあてがった。

▼にジョンをあてがったままBに話しかけてみた。

俺「おまえって本当に処女なの?ぐちょぐちょじゃんw」

B「本当です。誰にも触らせてないし、見せたこともないんです。」

俺「じゃあ俺が思い出の初めての人になるんだねw」

B「はい。やさしくお願いします。」

俺「さっき俺のこと殴っといてそれ?w」

B「それは・・・ごめんなさい。だっていきなり口に出され・・キャー」

Bがまだ話してる途中に入れてみたら山中に響き渡るくらいの大声で叫ばれた。

B「やさしくしてって言ったのに・・・(涙」

俺「俺優しくするって言ってないもん」

B「いたーい!いたーい!」

俺「うるさいんだよ。少し静かにしろよ。」

Bがあまりにも騒ぐのでケツを平手で殴った。

Bのケツは見る見るうちに赤くなってきた。

処女と言うこともあり元々キツキツだった。

Bの▼はケツを叩くたびにさらにきつく締まった。

そしてケツを叩かれておとなしくなったBは痛みに耐えていたが、数分ピストンしていると次第にあえぎ声が混じってきた。

俺「処女なのにもう感じてるの?w」

B「悪い?気持ちいいのはしょうがないじゃん」

俺「まぁイタイイタイ言われるよりは良いけどね」

B「でもまだ少し痛いからゆっくりして」

Bの言うことを聞くのはしゃくだったが、また騒がれるとめんどくさいので言うとおりにゆっくり出し入れした。

Bは次第にどんどん感じはじめ、はっきりとあえぎ声を上げるようになってきた。

B「ちょっと抜いて。なんだかオシッコが出そう」

俺「外なんだし、そのまましちゃえよ。誰も見てないんだから」

B「お願い抜いて!出ちゃうよ。出ちゃうよ。」

何度かSEXの経験があった俺はなんとなくいきそうなんだとわかった。

そのまま激しくピストンしていると次第にBはさらに激しく声を上げ腰が砕けそうになっていった。

B「出ちゃう。出ちゃうーーーー!」

俺「出しちゃえよ。・・・うっ」

B「あーー。・・・・・出ちゃったよ。」

Bの言うとおりオシッコだか潮だかが噴出していた。

それと同時に俺は膣内射精をしたが、Bははじめての経験なので中だしされたことに気づかず、木にもたれかかっていた。

俺は持ってきたタオルを取り出し、俺のジョンを拭いた。

そして携帯のカメラでBを撮影。

Bは初SEXでふらふらな状態だったため撮影されていることに気が付かないでいた。

夜も遅くなってきたので早く帰りたかった俺はバッグに仕舞ったBの服を渡して着替えさせた。

俺「んじゃあ帰ろうか?」

B「はい・・・」

俺「後ろ乗れよ」

B「・・・」

俺「教習所まで送ればいい?」

B「はい・・・」

俺「このこと言ったら俺にリンチした事とかさっき撮った写真とかがあるから分かってるよね?」

B「・・・はい」

その後、教習所へつくまでBはずっと黙ったままだった。

教習所へ付き、Bをおろして少し話をした。

話をした内容は、

・初SEXの写真を撮影したこと。

・来週また来るので時間を空けておくこと。

・レディースの仲間には俺に送ってもらったが道に迷って帰るのが遅くなったと言うこと。

そのことを話し、Bは家に入っていった。

その後、何度かツーリングに出かけるたびに林道へ行った。

Bとは今でも関係を持っているが、今はすでに俺が脅しBが従うと言う関係ではなくSEXフレンド以上恋人未満の関係になっている。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。くれぐれも当作品の内容を真似しないようご注意願います。