キャバ嬢と公園で

閲覧数:794 ビュー 文字数:4370 いいね数:0 0件

去年の8月ごろ、俺は飲み友達のヒロトから合コンに誘われた。

先月ヒロトと一緒に行ったキャバクラに行ったんだが、その時ヒロトに付いた娘がセッティングしてくれるらしい。

ヒロトとその娘(ミホちゃん)はプライベートでも何回か遊んで、Hもしたらしい。

俺は、ミホちゃんに関しては関西弁をしゃべってたことくらいしか、覚えてなかったが、相手がキャバ嬢グループでレベルもそこそこ期待できそうなので、話に乗ることにした。

ちなみに、俺の地元の駅はキャバクラが非常に多い。

月に一回くらい遊びに行くが、客のほとんどは30~50のおっさんだ。

そんな訳で、20代でそこそこノリのいい男グループでいくと、かなりの確率でアフターに持ち込める(それなりに金はかかるが)。

おいしい思いも何度もしてきた。

つまり、そんなキャバ嬢グループとの合コンはかなり成功率が高いということだ。

参加するこっちのグループも精鋭を用意した。

合コンでは、そこそこのイケメンよりトークで引っ張れる奴の方が全然戦力になる。

今回はルックスよりノリ重視で揃えた。

開催は土曜日の夜11時から。

人数は4対4。

当日男だけで集合して軽く打合せした後、先に予約しておいた居酒屋に入店する。

11時を少し過ぎたころ、キャバ嬢グループが到着した。

俺は正直、久しぶりの合コンに緊張していたが、百戦錬磨の友達に進行は任せて、ゆっくりキャバ嬢達を観察した。

全員のレベルはかなり高く、年齢も21、2というところ。

向かい合う形で席につき、ヒロトが乾杯の音頭をとる。

30分も経つと、場も一気に和んできてみんなアルコールもかなりまわりだした。

キャバ嬢グループもこちらも、とにかく飲むピッチが早い。

どんどんビールやサワーのグラスが空いていく。

勿論ただ飲むだけじゃなく、男達はアイコンタクトやトイレに行くタイミング、携帯のメールを駆使していろいろサインを送りあった。

そして、席替えになった。

俺の隣に座ったのは、サナエという茶髪で色白の女の子だ。

大きい目とピンクの唇、笑ったときの八重歯が可愛い。

デニムのショートパンツに、白いTシャツという地味な格好だが、変にキメキメじゃないところが逆に気に入った。

他のやつ等を見渡すと、あちこちでもうカップルが出来上がっている。

ヒロトの隣には案の定ミホちゃんがいる。

ミホちゃんと一瞬目があう。

何故か親指を立て

「グッジョブ」

と言われた(笑)。

サナエは大学1年生で春にこっちに出てきたばかりらしい。

どこか垢抜けない服装も、場慣れしてなさそうなたたずまいにも納得がいった。

サナエはお酒がそんなに強くなく、甘いカクテルばっかり飲んでいる。

雰囲気を読み4杯目くらいから、ちょっとづつ下ネタに移行していった。

サナエは浪人時代、予備校の先生と不倫していたらしく、またそいつが変態でかなりアブノーマルなプレイをさせられたらしい。

青姦なんかは当たり前だったらしく、それがエスカレートし、無人の教室や、リモコンバイブでの受講もさせられたといっていた。

はじめは大人しく見えたサナエだったが、その裏にはドMな性癖が隠れている。

居酒屋の掘り炬燵式のテーブルの下で、俺はサナエの手を握った。

手を握った瞬間サナエは俺を見たが、俺は素知らぬ顔で空いてる手でタバコに火をつけた。

「そういうプレイは抵抗あったの?」

「うん、始めはすごく恥ずかしかったよ。」

「始めは?慣れたら興奮するの?」

「はは、誘導尋問うまいね。」

テーブルの下で俺の手はサナエの太ももに移動した。

サナエも俺とそんなエロトークをし、太ももを触られながら、気づかないふりをしてタバコを吸っている。

携帯が鳴った。

トイレに行ったヒロトからのメールだ。

「俺はミホとこの後消えるよ。お前もサナエとどっかいけ!」

俺は

「了解」

とだけ打ち返信した。

サナエに耳打ちする。

「この後二人で飲みに行く?」

サナエは

「う~ん」

と言ってちょっと迷っていた。

「どうしよう。飲みに行くだけならいいけど」

「勿論。じゃあ先に下降りてて」

あっさり連れ出しに成功した。

他のやつらもそれぞれそんな雰囲気になっている。

二人分の飲み代をテーブルに置き、俺は外に出た。

サナエは道の端にちょこんと立っていた。

「お待たせ」

と声を掛け駅の反対側に歩き出した。

「合コンって結構楽しいもんだね。みんな年上だからちょっと緊張したけど」

サナエはそんなことを言ってきた。

「俺も緊張してたよ。最近まで体調崩してたから酒もやっとまともに飲めるようになったし」

「大丈夫なの?もう今日は飲むのやめる?」

「はは、まずい事言っちゃったな(笑)心配しないで」

駅の反対側に行くためのガード下で、俺は突然足を止める。

サナエは??という顔を向けてくる。

何も言わず、サナエを抱き寄せる。

髪の毛からシャンプーとタバコのにおいがする。

サナエは、

「ちょ、ちょっと」

と言い引き離そうとしてくる。

俺は構わず、10秒くらいサナエを抱きしめ、抵抗がなくなるまで待った。

しばらくするとサナエは観念したように、腕をだらりと下げ、俺に身を預けてきた。

そのままサナエの唇にキスをする。

舌も一気に挿入する。

メンソールタバコの味がした。

俺は既に勃起しているモノをサナエの腰に押し付けるように、あてがった。

サナエも腕をこっちの腰に回してくる。

「ここじゃ何だし、移動しよっか」

俺はサナエの返事を待たず、手を引き近くの公園に歩き出した。

土曜日のこの時間帯、この街に3軒しかないラブホは多分ほぼ満室だろう。

空室を探して歩き回る間に、クールダウンしてしまうことはよくある。

目的地であるY公園はかなり大きい公園で、夜はカップルや地元の悪ガキでいっぱいだ。

そんな中でも、人があまり来ない穴場的なスポットを俺は知っている。

向かう途中、コンビニで酒を調達した。

Y公園は深夜でも外灯がついていて、そこそこ明るい。

少し奥に進んで池の周りを見渡すとベンチにカップル達が沢山いる。

サナエは興味深そうにいちゃいちゃしてるカップルたちを盗み見ている。

俺はそのままどんどん公園の奥へ行き、お目当てのスポットにたどり着いた。

大きな案内板の横を慎重にすり抜け、林の中を進むと、誰も使ってない鉄製のベンチが3つある。

園内が一昨年改良されて以来、使われなくなった場所だ。

「すご~い、こんなとこにベンチがあるんだ。いつも使ってるんでしょ(笑)?」

「いや、全然だよ。ヒロトに聞いたんだ」

実際、公園に来たのは久しぶりだ。

持ってきたティッシュでベンチを拭き、並んで腰掛ける。

サナエの肩を抱き寄せ、無抵抗なのを確認する。

「さっきコンビニでガム買ってたでしょ?」

サナエに話しかける。

「もしかして、俺とキスする準備?」

サナエはバツが悪そうに、噛んでいたガムを包装紙に捨てる。

俺はサナエに顔を近づけ、髪を掻き揚げ耳にキスをした。

「あっ」

サナエの小さな吐息が漏れる。

俺のモノも固さを取り戻してきた。

「…私..耳弱いんだ..あっ」

予想以上に感じやすい子らしい。

こういう娘は自分が凄腕のテクニシャンになった気分にさせてくれる。

俺はそのまま首筋に口を這わせ、Tシャツの中に手を忍ばせた。

Tシャツの中の肌は汗ばんでいて、俺の興奮をより高めた。

ブラジャーの上から胸を揉む。

意外にもCカップ以上はあるボリュームにびっくりした。

「結構胸おっきいんだね、胸は感じる?」

サナエは必死で喘ぎ声を殺しながら、かすかにうなづいた。

俺は手をサナエの背中に回し、ブラジャーのホックをはずした。

ブラジャーの肩紐を片方づつサナエの腕から抜き、そのまま取り去った。

Tシャツを捲り上げると、ぎりぎり届く外灯の明かりに、うっすらとサナエの乳房が照らされる。

乳首は唇と同じきれいなピンク色だった。

「すごくきれいな胸だね。」

「恥ずかしいよ、あんまり見ないで」

サナエは両腕を俺の首の後ろに回し、隠そうとしてくる。

俺はそんなサナエの両腕を引き離し、より乳房が見えるように手を固定した。

サナエは観念したようにうつむいた。

ゆっくり乳房を揉む。

19歳の肌はハリがあってきめ細かく、手に吸い付いてくる。

乳房はわずかに硬さを残していて、揉み応えがある。

乳首を口に含んだ。

舌で乳首を転がしながら、サナエの反応を伺う。

「あっ、あっ」

声を押し殺すのに必死そうだ。

サナエのベンチの手すりを掴んでいた手をやさしく俺の股間にあてがう。

サナエはゆっくり中のモノの形を確かめるように、俺の股間をさすりだした。

「今度はサナエの番だよ」

俺はベルトを外し、ズボンを下ろした。

サナエはおそるおそる俺のモノを触りはじめた。

そしてそのまま俺のモノをしごきながらベンチから降り、俺の足元にひざまづく体制になる。

完全に公園の中でも隔離されている空間の中で、お互いの興奮はかなりマックスだった。

セミの鳴き声だけが耳に入ってくる。

そしてサナエは俺のモノをゆっくり口に含んだ。

予備校教師に鍛えられただけあって、丁寧にカリを舌先でなぞってくる。

俺のモノを握っている手を休めることなく、上下に動かしてくれる。

無心に俺のモノを咥えるサナエの顔が外灯に照らされている。

「いきたかったらいっていいよ」

サナエはベトベトになったモノを触りながら聞いてくる。

「う、うん、もうすぐいきそうだよ」

そのまま、サナエの口に発射するまで3分も持たなかった。