キャンプ場で見た淫行

閲覧数:1,083 ビュー 文字数:919 いいね数:0 0件

先日、男女11人でパーティを組んで長野へキャンプに行って来ました。

増水して中州に取り残されたら洒落にならないのでw

少し高い位置にテントを張って2泊しました。

中洲を見下ろすと別のテントが3つあって、「鉄砲水が来たらニュースに出るな」とみんなで笑っていました。

2日目の早朝に下のテントが騒がしいので見下ろしてみたら、男女3カップルが朝からじゃれあっていました。

女性は下着で走り回っていて、男性もパンツ一丁の姿でふざけて追いかけていました。

女性が「スケベ~♪」なんて黄色い声を出していたので、みんな集まってきて見下ろしていました。

やがて追いかけっこが白熱していって、じゃれあいながら女性の下着を脱がしはじめて、男性も全裸になって勃起したチンコを揺らしながら追いかけ始めていました。

みんなで「このまま青姦になるな」と噂しているうちに、捕まえた女性を四つん這いにして、草原で開放的なフリーセックスを始めました。

あたり一面に女性の悩ましいあえぎ声が響き渡り、息を荒げながら男性を誘惑するように淫らな動きで悶絶していました。

あまりの臨場感に、こちらで見ていた女性も興味いっぱいに目がくぎづけになっていました。

やがて野生の交尾を終えた3カップルは、欲情して甘えつく女性3人をテントの近くに集めて、男性3人がとっかえひっかえしながらお互いの体をいじって楽しみ始めて、2人がかりで女性を抱え上げて放尿させたり、逆に男性が口で放尿を受け止めさせたりし始めて、ちょっと直視出来ないほどえげつなく性で遊びはじめていました。

途中で男性ひとりがその場を離れた時には、女性2人にお互いの女性器で遊ばせて、レズまがいの淫行をやらせていました。

こちらはそろそろ見てるのに飽きたので朝の準備に取り掛かりましたが、その間もずっと女性の淫らな声が響き渡っていました。

大自然の中でセックスをむさぼるのは、確かに開放的でしょう。

こっちは11人のうち3人だけ女性でしたが、とてもそういう羽目を外してくれそうな女性じゃないので、後からすごくうらやましくなりました。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。