南国の新婚旅行で

閲覧数:29 ビュー 文字数:917 いいね数:0 0件

新婚旅行は南国リゾート。

水上コテージのテラスで月明かりに照らされながらセックスしたり、昼間、全裸でテラスから海に入ったりした。

向かいのコテージから丸見えなんだけど、その部屋はたまたま誰も入ってなかったし、デッキを歩く人の姿もまばらで、遠くから近づいてくればすぐわかるので、全然OKだった。

一番興奮したのが、海の中でのセックス。

たくさんのヨーロッパ人家族が夕日が見えるビーチに並んだデッキチェアに寝転がり夕日が海に沈むのを静かに見ている中、俺たち2人は海に入った。

遠浅なので、100m入ってようやく胸くらいの深さになる。

俺は水着を脱いで腕に引っかけ、新婚の妻にも全裸になるよう求めた。

恥ずかしがっていた妻も、生暖かい水の中でこの旅行のために新着したビキニとパレオを脱いだ。

遠くで何十人もの人々が見ている中、俺たち2人は全裸になった。

じゃれあっているふりをしながら、ディープキスを交わす。

そして水の中で彼女の足を持ち上げ、挿入した。

水面下で一つにつながった2人。

遠くで人々がこちらを見ている。

向こうからは、ちょっと遅めの時間に海に入っている東洋人カップルにしか見えないだろう。

正面から彼女の体を持ち上げ、キスをしながら駅弁スタイルで奧まで貫いていくと、彼女の息も激しくなってくる。

今度は背中を向かせてバックから深く挿入すると、すぐに彼女は絶頂に達した。

ヨーロッパ人家族が見ている前で。

2人は泳ぐようにしてビーチに近づいていく。

水面下を見ると、全裸の2人がつながっている。

ビーチから50mぐらいのところで、後背位のまま俺は彼女の体の奧に放出した。

ドクドクと波打つたびに、彼女は声を出さないよう、口に指を押し込みながら、十何度目かの絶頂を迎えた。

それから2人はそっと水着を着け、立ち上がると、ヒザくらいの深さしかなかった。

ちなみに妻は、映画『フラガール』に出てた某女優にかなり似ている。

ビキニ&パレオ姿からの徐々に全裸にしていくセックスは特にエロかった。