道路工事バイトで放尿

閲覧数:125 ビュー 文字数:1499 いいね数:0 0件

前に道路工事のバイトしていた時に、何度もしました。

半年くらいバイトしてたんだけど、若い女性ということで、仮設トイレのある現場か、そうでなければ街中で近くにトイレを借りられるお店なんかがありそうな現場に回してもらっていました。

私の仕事は車の誘導だったんですが、ある時やむを得ず山の中の周りに何にもない現場に行かなければならない事になりました。

大掛かりな工事なら、期間も長いので、仮設トイレを設置するんですが、小規模な工事で山の中の現場だったので、それもなし。

その現場には女性は私を含めて二人だったんですが、もう一人は50すぎのおばさんで、何度もそういう現場を経験してるみたいでした。

近くにトイレを借りられそうな場所がないことはわかっていたので、水分を控えてできるだけトイレに行かなくていいように備えてはいたんですが、やはり朝から晩まで一度もトイレに行かないという訳にはいきませんでした。

その現場の初日、午前中は何とか大丈夫だったんですが、お昼休みにかなりトイレに行きたくなり、とりあえずもう少しなら我慢できそうだったんですが、そのまま午後の仕事についたら、途中でやばくなりそうだったので、覚悟を決めて用を足しておくことにしました。

おばさんはまったくトイレに行きたそうな様子も見せないで、平気でお茶を飲んでいました。

多分、午前中の休憩の時、何処かで済ませたんだと思います。

そのおばさんとはそれほど親しくはなかったんですが、一応

「○○さん、トイレ行かないんですか?」

って聞いてみたところ、

「△△ちゃん(私のこと)、もしかしてずっと我慢してたの。この辺にはトイレは無いからそこらへんでするしかないんだよ。私は朝からもう2度もしちゃったよ」

という予想通りの返事でした。

私はおばさんに小声で聞いたんですが、おばさんときたら大きな声で答えるもんだから、近くにいた男の人達にも聞かれてしまいました。

それで、現場監督さんに

「△△ちゃん、トイレの無い現場に連れてきて悪いな。今のうちにどこかでして来た方がいいよ」

って言われてとても恥ずかしかったです。

私は

「わかりました。ちょっと失礼します」

と言ってその場を離れたものの、近くには人目を避けられるような場所はないし、私がこれから野ションをしに行くってことが、皆にわかってしまい、工事のおじさんには好奇の目で見られるやらで最悪でした。

工事現場から2~3分歩いたところの道路脇の草むらで、何とか隠れられそうなところを見つけ、そこで用を足しました。

その日は午後もう一度、そこで野ションしました。

その現場には5日ほど通ったんですが、2日目からは工事の人達とも打ち解けて、皆も私のことを気遣ってくれたりしたんで、大分恥ずかしさも薄れ、平気で

「ちょっと用足ししてきます」

とか言えるようになりました。

おばさんとも親しくなり、お尻並べて連れションとかもしちゃたし、だんだん慣れてくると、最初に見つけた場所まで、その都度2~3分歩いていくのも面倒になり、工事をしている場所から割と近いところでしちゃうようにもなりました。

5日間にうちに、十数回は野ションしたと思いますが、その時に生理にならなかったのがせめてもの救いだったと思います。

その後、トイレの無い現場に行くことはなかったので、そういう機会はありませんでしたが、あの時のことは、今となってはいい思い出です。